サウンドオブミュージック         (英語学習日記)

毎週金曜日に学習してから記事を投稿します.金曜日以外でも時間があるときは臨時に投稿することがあります.

語学学習日記(545)(英語学習)サウンドオブミュージック


サウンドオブミュージック(545)


—————————【545】———————————————————

 With all my heart  I joined the chorus silently.  Gerg hadn't 
left the room during those long hours.  His strong hand was 
like an anchor to which I clung when the hurricane of pain
tossed about the little boat of a frail human body.  

——————————(訳)————————————————————

  せいいっぱいの心を込めて、私は声に出さず、この合唱に
加わりました.ゲオルクは、ずっともう何時間も部屋を離れ
ずにいてくれました.ゲオルクのたくましい手はまるで錨の
ようで、私は痛みというハリケーンがやわな人体という小舟
を揺らし突き上げると、その錨にしがみついたのでした.


—————————⦅語彙⦆———————————————————

clung:(過去形) <cling (手足などをからめて) しがみつく
frail:(形) (身体が) 弱い、ひ弱な、
   (物が) こわれやすい、脆い
toss:(他) 投げる、ほうる、投げ上げる

—————————≪文法≫——————————————————

関係副詞が分かりにくいとおっしゃる方が多いようです.
ここでも一か所ありました.
like an anchor to which I clung この部分ですね.

like an anchor(錨のようだ)
to which I clung (その錨に私はしがみついた)

学校ではコンマがなければ、後ろから「訳し上げる」と
習いましたが、そもそも文の成り立ちが違う英語と日本語
では、いつもいつも、そう規則的に文法が対応していると
はいえません.
学校の先生の指示の通りに訳すと
His strong hand was like an anchor to which I clung
彼の手は私がしがみついた錨のようだった、
ですが、へんてこな文になってしまいます.

コンマがあろうがなかろうが、普通に前から
順番に読んでいくのが自然です.そもそも
英語と日本語は出来具合がまったく違うので
文法規則の通りには対応していないのです.

彼の手は、いわば船の錨だった.私はそれに
しがみいついたのでした.

そういうわけですので、あまり煩雑に考えないで
His strong hand was like an anchor , and to that anchor
I clung ...
という風に、which のところにもう一度anchor
を代入して計算しましょう.

【教訓】関係副詞は「連立方程式」と思って
which というXに先行詞という数字を代入して
解きましょう.

 

語学学習日記(544)(英語学習)サウンドオブミュージック


サウンドオブミュージック(544)


—————————【544】———————————————————

 “Holy Mary, Mother of God, pray for us ...” It is like
begging of little children who want something with all their
heart:“Please, Mother, please !  Oh, Mother, please, please !”
 
——————————(訳)————————————————————

 「聖母マリア様、願わくは叶え給え...」それはまるで
全身全霊で何かを懇願する子供の乞い求める姿でありまし
た.「マリア様、どうかお願いします!どうぞお聞き届け
ください!」
 
 
—————————⦅語彙⦆———————————————————

pray:乞い願う、願わくは
  (この場合pray の主語はIなのだが、I を略している.
   マリア様に対し祈れと命令しているのではない.)
    Pray to God that she is safe.
      (神よ、彼女が無事でありますように)
   (このpray もI pray のこと) 

語学学習日記(543)(英語学習)サウンドオブミュージック


サウンドオブミュージック(543)


—————————【543】———————————————————

  That was early in the afternoon.  When Frau Vogl came 
back after supper,  the uninterested expression on her face
changed suddenly.  She became all concentration.  They
were saying the rosary now.  After every decade they sang a
song softly and only in two parts,  as the tenor  and the bass
were  missing.  It  sounded to me like angels.  What a wonder-
ful prayer the rosary is !  For eight hundred years it has carried 
the sorrows and troubles,  the joys and happiness through the
hands of the Heavenly Mother to the Throne of God.  When
we repeat over and over: 


——————————(訳)————————————————————

 それは午後になって間もなくのことでした.フォーゲル夫人
が食事から戻って来ると、彼女の無関心な表情が突如豹変しま
した.夫人は精神統一に入りました.一同声をあげて祈りを
唱え始めました.数珠をくりながら、大玉が来る毎に静かに
歌い始めました.テノールバリトンがないので、アルトと
ソプラノの二部合唱でした.それは私にはまるで天使の歌声
のように聞こえました.ロザリオとは何と不思議な祈りなの
でしょう!  800年もの間、悲しみと困難、また喜びと幸福を
聖母の御手に、そして神の玉座に運び伝えてきました.
そして私たちは何度も何度も祈りを繰り返しました:

 
—————————⦅語彙⦆———————————————————

rosary:[カトリック] ❶ロザリオ(数珠);
       ❷祈り(数珠をくりながら唱える)
supper:夕食;ただしここでは午後になってすぐ、と言っている
    ので昼食のことをこの単語に当てているのだと思います.
      一応、夕食の意味であっても通用するよう、ここは
   「食事」と訳しておきます.      
decade:ロザリオの大玉1個と小玉10個の一連.
       大きさにもよるが、5連で一周する.

 

語学学習日記(542)(英語学習)サウンドオブミュージック


サウンドオブミュージック(542)


—————————【542】———————————————————

 “Will it take longer than half an hour ? ”I whispered to 
Frau Vogl,  who didn't seem to understand,  because she
only said:“Breathe deeply.”

——————————(訳)————————————————————

 「この苦しみってまだ30分は続くの?」私はフォーゲル
夫人に囁やいたのですが、うまく伝わらなかったようで、夫
人はただこう言ったのでした:「深呼吸をなさいな」

 

語学学習日記(541)(英語学習)サウンドオブミュージック

 
サウンドオブミュージック(541)


—————————【541】———————————————————

The moment they stopped,  you felt perfectly wonderful
and ready to dance,  only to change your mind rather 
quickly when the next breaker came.


——————————(訳)————————————————————

痛みが収まると、その瞬間はこよなく気分が優れ、
ダンスだって出来そうな気分だったのです.ただ
し次の陣痛の大波がやってくるときにはただちに
気持ちの切替え準備が必要でしたが.

 

語学学習日記(540)(英語学習)サウンドオブミュージック


サウンドオブミュージック(540)


—————————【540】————————————————

He said it so casually that it took the edge off my anx-
iety. I went through the entirely new sensation that this 
was not a pain like a toothache ; at times it seemed 
to screw itself into your very bones.  These pains seem-
ed to come in regular intervals like breakers at the sea-
shore.


——————————(訳)————————————————————

ゲオルクはあまりに何でもないように言ってのけたので、
私の不安は取り除かれました.これは歯痛のような痛み
ではないという全く新たな感覚を体験しました.時どき
痛みが骨の髄まで差し込んでくる感じがしました.この
痛さは海岸に押し寄せる大白波のように規則的な間隔で
襲ってくるような気がしました.
    

—————————⦅語彙⦆———————————————————

take off the edge:興奮・不安を取り除く
go through ~:~を経験する                
sensation: 感覚、知覚、感じ、…感         
entirely:全く、       
screw itself into your very bones: 痛みが骨の髄までしみいる      
breaker:波浪、砕ける大波


   

語学学習日記(539)(英語学習)サウンドオブミュージック


サウンドオブミュージック(539)


—————————【539】————————————————

 Georg was sitting  at  my bedside,  and that was very neces-
sary.  He  knew so much more  about it  all than I; he  had 
gone through it  seven times.  He  assured me  that I was not
going to die,  and the less I moaned now,  the more strength I
would have later,  and this was only the beginning.


——————————(訳)—————————————————

  ゲオルクは私の枕元で坐っていました.そうしてもらうのが
是非必要でした.ゲオルクは、私よりも、はるかに経験を積ん
でいたのすから;もう7回もこういう場を通り抜けた人でした
から.ゲオルクは、別に死ぬわけじゃないからと私を安心させ
てくれました.そしてうめき声をあげなくなるにつれて、私は
その後にますます力が入るようになりました.それはまだはじ
まりにすぎませんでした.

 

—————————⦅語彙⦆———————————————————

moan:() うめく、うめき声をあげる