サウンドオブミュージック         (英語学習日記)

毎週金曜日に学習してから記事を投稿します.金曜日以外でも時間があるときは臨時に投稿することがあります.

語学学習日記(英語学習)サウンドオブミュージック(586)


サウンドオブミュージック(586)


—————————【586】————————————————

   Upon investigation I learned that  the Handbook advised
not  leaving land if: (a) the wind comes  from  the land,
(b) cumulo-nimbus  clouds  are  forming  on the horizon,
(c) during  the past  three days  there  has been  a storm,
(d) sure signs  indicate  a storm to come  within  the next
twnty-four  hours,   (e) the  temperature  is  higher  than 
eighty  degrees,   (f) you  feel  the  slightest  indigestion,
(g) or  headache.   (h) or  general  tiredness.    Cousin
Peter,   therefore,  could  be  seen  every  morning  after
breakfast,   licking   his  right  forefinger,   according  to
the  book,  holding  it  up,  and  finding  sadly  that  the
wind  was coming  from  the  land,  which  it  did  every
morning,  changing  every  night  to wind  from  the  sea,
all during  the summer  on this coast,  book  or  no  book. 


——————————(訳)—————————————————

  調べてみて分かったのことは、ハンドブックの忠告で
は次の場合には場所を離れないこと:(a) 風が大陸から
吹く場合、(b) 水平線(地平線も)に積乱雲が発達し出
したとき、(d) 24時間以内に嵐の来る確かな徴候がある
とき、(e) 気温が27度以上のとき、(f) わずかでも消化
不良を感じるとき、(g) あるいは頭痛のとき、(h) ある
いは倦怠感のあるとき.ハンドブック通りに、従兄弟の
ペーターは、毎朝食後、右手人差し指を舐めて、それを
上にあげるのが見受けられる.疲れあり.さらにわかっ
たことは、悲しいことに大陸風が吹いていたのでした.
でも夜になると、風は海風に変わりまっしたが、夏の間
は、沿岸地域では、ガイドブックによっても、よらなく
てもが、当たり前のことなのでした.

—————————⦅語彙⦆—————————————————
        
cumulo-nimbus:積乱雲;  本文では形容詞的に使われて
   いるが、cumulo-nimbus clouds これが丁寧な言い
   方なのだと思います.気象用語はcumulonimbus.
forefinger: 人差し指       
holding it up:遅らせる、やめる、阻止する、停止する;
   字句通りに「それを上に持ち上げて」とも訳せる.
   このit が何を指すのかが不明です.話の流れに
   沿えば当地を離れるに当たっての注意点の中の
   ひとつなのでペーターに疲れの様子が見られる
   のでそれ(it =出発?)を延期せよ、とのことか
   も知れない.指かもしれない(it = 指)「指を上
   に持ち上げて」、かも知れません.文法的には
   そう解釈するのが自然なのでそうしておきます.


—————————≪換算法≫————————————————

摂氏=(華氏 - 32)÷1.8 
    =(80 - 32)÷1.8 
    =48÷1.8 ≠27ºC