語学学習日記(90)(英語学習)

サウンドオブミュージック(90)

 

——————————【90】—————————————————
          
Werner was a little fellow with eyes like dark velvet, 
whom I wanted to take into my arms and hug there 
and then.
   " Which one is my pupil? "

I asked the Captain.
A shadow came into his smiling eyes when he answered:
  " You haven't met your pupil.  I will take you to her."
With a nod he dismissed the children.  

 

———————————(訳)————————————————
                
ワーナーは深いベルベット色の目をした小さな男の子で
腕に抱いて、ぎゅっとしてあげたいような子でした。

 「どの子が私の生徒さんなのかしら?」

大佐に聞きました。
大佐の目に影が生じました。大佐はこう答えました。

 「あなたはまだ会っていないのです。
  あなたの生徒のところにお連れします。」

大佐は頷いて、子供たちを解散させました。


 ——————————《単語》—————————————————    
               
dark velvet 色のことを言っているのですが、ベルベット
          の色はまちまちで、何色だとは言えないのですが、
         a velvet night (ベルベットのような夜空)という
          例から類推すれば濃紺色かもしれません。